list スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 彼「僕は心優しくて平和主義者なので、もう一度聞いてあげますね?」 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 彼「僕は心優しくて平和主義者なので、もう一度聞いてあげますね?」

942: 名無しさん@HOME 2013/05/12(日) 13:39:57.61 0
こっそり投下、長文で分かり難くてごめんなさい。私父にとってこれから修羅場っぽい。

数ヶ月前に彼よりプロポーズをされ、GWに互いの両親に正式にご挨拶へ。

私両親の実態で内心不安だった私の思考とは裏腹に、彼両親も現役社会人でまた優しい人だった。
彼が言うには「嫁姑戦争?ないと思うよ?あっても話せばわかりあえる」と心強いお言葉?を貰いつつ、顔合わせは無事終了。


私両親。毒親。姉と共にいつも死ねよ!と思ってる。過去にされた話などは彼にはしてあったけど、一応挨拶ぐらいはしておこうって。不安だったけど「なんとかなるよ」と言う彼。
私母は外面だけは良い空気。私父はどっかの企業の役員で俺様な性格な上、格下認定には思いっきり見下し罵詈雑言。糞。

彼の挨拶後、収入や学歴などを聞き、「話にならない、帰れ!私には相応しい男を用意してやる!」と怒鳴る。29歳の専門卒でただのサラリーマン。肩書きなんてない。
でも高収入じゃないけど、その業界じゃ平均収入で、実は都内で2LDKマンション持ち(賃貸だと思ってた)。ローンもないらしい。←は伏せていた。私はプロポーズ前に聞いた。

彼「世間のお約束事としてご挨拶をしただけ、正直あなた方の許可要らないんですよね。ただ参考までに、話にならないという結論に至った経緯をお聞かせて下さい。陳腐な感情論なら結構です。あ、子離れできないんですか?」
私父「なんだとお前!!!」顔真っ赤にして彼殴る。
彼「明日、お仕事ですよね?今の傷害について、会社へお伺いしますのでご対応お願いします。あとこれは手土産の追加です」と紙の束を渡す。
私父「」顔真っ青にして黙る。
彼「僕は心優しくて平和主義者なので、もう一度聞いてあげますね?私さんと結婚しますが、何か問題や異論はありますか?なければ頷くだけでいいんですよ」
頷く私父。私母はずっと空気。

話は聞いていました。私父の浮気、会社での背任?不正?行為のレポート。あと彼両親のレポートもあった(内容は怖くて見てない)。興信所などで調べたとのこと。彼は「大人って怖いよねー」と言い、今回の事を謝罪された。
私は姉と同様に連絡変更、予定通り転居→住民票ロック、転職・・・レポートはコピーを貰い、私が父会社・私両親実家・不倫相手旦那へ匿名で全て送付しました。あとは知らない。


⇒ 続きを見る
スポンサーサイト
【2013/05/20 15:00】 修羅場 | comment(0) |

list 自分の身を守るためとはいえ、躊躇なく人間に熱湯をかけた姉が怖い このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 自分の身を守るためとはいえ、躊躇なく人間に熱湯をかけた姉が怖い

312: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/15(水) 03:03:41.00 ID:VydwAKb4
寝れないし懺悔というか、黙認してしまった話。
うちの姉はテンパるととんでもないことをやる人間。
以前うちに泥棒がはいって姉と鉢合わせしてしまった。
姉はパニックになり、泥棒を麺打ち用の本格的な綿棒で背後からタコ殴り。
運よく泥棒は気絶してしまい、姉はパニックのまま、映画で見た知識がブラバしたらしく泥棒を荷紐で縛り上げた。
そろでも不安な姉は、布団袋に泣きながら包んでさらに荷紐で縛り上げた。
ここで俺帰宅。号泣しながらずっと泥棒を綿棒で叩き続けてる姉にびっくりしつつも、110番。
警察が来るまで待つ姉は、泥棒が動き出すのではないかという恐怖でおかしかった。
「どうしよう起きたら殺される…」「俺ちゃん、泥棒もう一回縛ろうよ…」「顔にガムテープする?」とかもうテレビの思考。
で俺が目をはなしたすきに、ギャー!!と物凄い叫びが聴こえた。
見ると姉が泥棒にやかんの熱湯をかけてた。
「俺ちゃん…どうしよう…目が見えると追いかけてくると思って…熱いですか?うわー俺ちゃんどうしよう!!」
すぐに119番。警察にはやりすぎと怒られたが、姉のパニックを警察官も救急隊員も見てたのもあり、姉へのお咎めはなかった。
泥棒は余罪ありで10年以上を食らったので、しばらくは心配ないと思ったが、仕返しが怖いので元々地元では無かったので引っ越しした。
姉は名字も変わってしまって、ばれないとは思うが、未だに自分や姉が復讐されないか怖いし、
自分の身を守るためとはいえ、躊躇なく人間に熱湯をかけた姉が怖い。


⇒ 続きを見る
【2013/05/20 12:00】 修羅場 | comment(0) |

list 明かりもない山中で、お腹の大きな嫁と夜明かしした時の恐怖は忘れられない このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 明かりもない山中で、お腹の大きな嫁と夜明かしした時の恐怖は忘れられない

643: 名無しさん@HOME 2013/05/07(火) 22:56:17.90 0
鳥取から岡山に抜けようとした山道で車が故障
山と山の谷間だったせいか、今時携帯が圏外
熊注意の看板多数
最後に民家を見てから、車で30分以上走った
通る車もなし
同乗の嫁は妊娠9ヶ月で、里帰り出産に向かう途中だった
幸い、次の日の午前中に車が通りかかったので
必死に呼び止め、JAFを呼んでもらった
明かりもない山中で、お腹の大きな嫁と夜明かしした時の恐怖は忘れられない
今産気づいたらどうしよう、とか、熊が出たら俺は死んでも嫁と腹の子は守るぞ、とか
三毛別の熊の話「熊嵐」とか思い出しちゃって内心gkbrしてた
嫁を不安がらせないように、必死で明るく振舞ってたけど内心マジ修羅場だった


660: 名無しさん@HOME 2013/05/08(水) 10:23:51.14 0
>>643
どこの山道だろう・・・
思い浮かぶのが津山市(旧加茂町)~智頭町に越える物見峠、美作市(旧勝田町)~智頭町に越える右手峠くらいかな?
両峠とも山中だし場所に寄ったら携帯も通じない場所がある。


⇒ 続きを見る
【2013/05/14 16:30】 修羅場 | comment(0) |

list 中学生になっても、相変わらずお金を黙って抜き取る兄。 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 中学生になっても、相変わらずお金を黙って抜き取る兄。

590: 名無しさん@HOME 2013/05/07(火) 15:15:58.77 ID:wG4ourrE
初めての書き込みなので改行やフェイクによる矛盾があったらすみません

書き溜めしてないし携帯なのでちょっと遅いかも…。


家族構成は父母姉兄私の5人。私は今21歳で兄は23歳、姉は26歳。

小学生の低学年頃から姉と私はお年玉などを計画的に使ったり、母に渡して貯金してもらうなどしてもらっていた

兄はと言うとプラモデルやらお菓子やらゲームやらに使っていていつも金欠状態。それだけならいいのだが、姉や私の財布から勝手にお金を取る

当時は低学年ということもあり、私はお金を取られたことをあまり気にしていなかった
さすがに札や財布ごとなくなれば気づきますが、その都度兄に聞きますが「知らない」の一点張り


⇒ 続きを見る
【2013/05/14 10:30】 修羅場 | comment(0) |

list 何かの罠かのように連続で起こるまさかの坊さんのボケ このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 何かの罠かのように連続で起こるまさかの坊さんのボケ

740: 名無しさん@HOME 2013/05/09(木) 10:03:20.20 0
ここらで、腹筋辛かった修羅場を

十年ほど前、伯父の葬式にて
田舎だったので式は伯父の自宅で行われたんだが、
偉い坊さん+弟子(若い坊さん)二人がやってきて中々に立派な式だと思ったんだ...最初は

まず、読経の途中で弟子一人がドコを読んでいるのか分からなくなり
経本をパラパラしだす(笑いをこらえつつ、ガンバレと心の中で応援←まだまだ余裕)

読経が終わって深く一礼する時に、偉い坊さんが机に思い切り頭をぶつけ、
ゴンという音が静かな部屋に響き渡る(噴きだすのを必死に堪える←腹筋辛い)

最後に経本パラパラの弟子が足が痺れて立てなくなり、よろめきながら何とか退場
(退場までは何とかこらえたが、退場した瞬間あちこちから笑い声が←我慢の限界)

何かの罠かのように連続で起こるまさかの坊さんのボケに腹筋攣りそうになったのが
親族一同にとっての修羅場だったが、働き盛りに突然死してしまって
家族も親族も実感がないままで行われた式だったんで、坊さん達の体を張ったボケに
場が和んで、結果としてちゃんと伯父を送る事ができたのは良かった

ありがとう坊さん


742: 名無しさん@HOME 2013/05/09(木) 11:33:01.31 0
>>740 乙でした
厳かな葬式に!って批判しない>>740740親族の
度量の広さに助けられているけれど>>740は宗教が人を救った稀有な例


741: 名無しさん@HOME 2013/05/09(木) 11:31:14.17 O
坊さん達の心の中は、修羅場だったに違いないw


 ⇒お経の意味がやさしくわかる本
 ⇒お経で学ぶ仏教
  美坊主図鑑~お寺に行こう、お坊さんを愛でよう
  美坊主図鑑 ~ お寺に行こう、お坊さんを愛でよう

引用元:今までにあった最大の修羅場 £81
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1367510878/740-742

【2013/05/13 18:00】 修羅場 | comment(0) |

list 嫁「お父さん(俺のこと)最近かなえさんと仲が良いんですって?」 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 嫁「お父さん(俺のこと)最近かなえさんと仲が良いんですって?」

552: 名無しさん@HOME 2013/05/07(火) 12:48:31.37 0
嫁さんが修羅場だっただろう時のお話。

もう10年以上前になる。
当時俺と小学生の子供2人の間に、奥さんには秘密の楽しみ(?)が
あった。
近くの多種多頭飼いの家に遊びに行くこと。

奥さんは犬嫌いなので、犬が大好きな俺と子供たちの内緒の行動だった
んだ。もともとその多種多頭飼いの家さんが俺の友人だったというのも
よく遊びに行く理由だった。(その友人も既婚)

犬たちの中でも、とても仲のいい犬が「かなえ」ちゃん(仮名)という
メスの子だったんだが、家でも子供たちが「今日かなえちゃん優しかった
ね」とか「楽しかったね」とかひそひそばなしで話しちゃってたらしい。
基本、奥さんには秘密なもんで奥さんが「なになに?」と聞いても子
供たちはなんでもないとごまかして話題を変えていたようだった。

奥さんは「かなえちゃん」のことは俺には聞いてこなかったし、仕事
で帰りが遅かったから子供たちの会話のことは知らなかった。

で、ある日奥さんがぶち切れた。子供たちと俺を座らせて言い放った。

「お父さん(俺のこと)最近かなえさんと仲が良いんですって?子供
達までてなづけて。今すぐここに連れてきてください、ここで一緒に
暮らせばいいでしょ!?私も覚悟はできています!」

続く


⇒ 続きを見る
【2013/05/13 12:00】 修羅場 | comment(0) |

list 小さい頃から、実家の近くの年下の男の子の母親にずっとロックオンされてた このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 小さい頃から、実家の近くの年下の男の子の母親にずっとロックオンされてた

531: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/07(火) 18:03:21.14 ID:rAqPkTbG
小さい頃から、実家の近くの年下の男の子の母親にずっとロックオンされてた。
自分は見た目は全くアレだったが、成績が女の子で一番よかったのと、
祖母が厳しかったので素行もよく見えて、息子の嫁に!って妄想されてたらしい。

そこの息子は「勉強ができなくなるから」と塾以外の習い事(皆がやってた少年野球とか)は
一切させてもらえず、「悪い友達がいるから」と外にもろくに出して貰えないもやしっ子だった。
接点といえば集団登校の時だけ。人見知りがだったのか、口を利いてくれたことは
ほとんどない。それなのに私はなぜか嫁認定だった。

その子は母親のルート通り医学部に無事入って、卒業したら結婚させるわ!
家の敷地内に開業させるわね!実家も近いから安心よね!
と脳内お花畑が完全に花開いて、両親に「あの家の前通って帰らないほうがいい」と
心配されるほどになった。

ところがしばらくして息子のターンが来た。
授業が忙しいから、と大学の近くにアパートを借り、
サッカーサークルに入り、マネージャーの彼女が出来、ともやしっ子からリア充に。
アパートにおかずを届けに週4ペースで通っていた母親、
彼女を連れて帰宅したところにばったり。
キレて「あなたは私子ちゃんと結婚するんでしょ!」と怒鳴ったら、
当然逆ギレされて、「何でも母さんの言うとおりになると思うな!」と言われ、
初めて反抗された…とショックで馬鹿泣きしながら我が家に駆け込んできて、
「私子ちゃあああん、今すぐ結婚して!あんなわけのわからない女の子イヤ!」
と私の部屋に凸してきた。

そして、部屋の壁に、買ったばかりのリクルートスーツが吊るしてあるのを見て、
「私子ちゃんは結婚するんじゃなかったのおおおおおおお」とプッツン、
脱力して座り込んでさらに大泣き。
慌ててあと追ってきた母親と、私はどうしていいか分からず立ち尽くす。
旦那さんを呼んで引き取ってもらうまでが修羅場でした。


⇒ 続きを見る
【2013/05/10 19:30】 修羅場 | comment(1) |

list 5歳の頃、一歳年上のA子ちゃんという子が近所に引っ越してきた このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 5歳の頃、一歳年上のA子ちゃんという子が近所に引っ越してきた

522: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/07(火) 01:22:32.78 ID:YHUGTqch
30~17年前の話。
5歳の頃、一歳年上のA子ちゃんという子が近所に引っ越してきました。
うちの近所は男の子ばかりで、初めて近所に女の子の友達が出来て嬉しかったのを覚えています。
毎日どちらかの家の庭でおままごとをして遊んでました。
そして私が幼稚園の6歳、A子ちゃんが小学校に上がった7歳の時。
私が幼稚園から帰ってきて、玄関先(A子ちゃんはうちの前を通らないと家に帰れない)でA子ちゃんが小学校から帰ってくるのを待つってことをよくしていました。
ある日、A子ちゃんの家に行ったとき、A子ちゃんが写真を取り出して泣いていました。
お母さんに会いたいって泣いてました。写真はこれだけしかないの・・・お姉さんが怒るから。
お母さんの写真は全部捨てられた、と。
写真を見せてもらうと、黒髪でウェーブで、ちょっとぽっちゃりした赤い口紅の女の人が写ってました。

そしてそれからしばらく経った夜、A子ちゃんが「お姉さん」に連れられて私の家に来ました。
お姉さんを見たのはこの時が初めてです。
「A子に宿題やってからYちゃん(私のこと)と遊びなさいって言ったんだけど!!A子宿題まだやってないの!!どっちが遊びに誘ったの!?」
「もうA子とは遊ばないでね!!」と言って帰っていきました。
凄く怖い顔でした。A子ちゃんはお姉さんの後ろで泣いていました。
お姉さんはとても若くて、髪の毛が茶色で長くて、顔も怖かった。お姉さんがうちに怒鳴り込みに来た時のことは鮮明に覚えています。
それほど怖かったです。
そしていつものように玄関先でA子ちゃんが帰ってくるのを待っていると、帰ってきたA子ちゃんは「お姉さんが怖いからもう遊べない」って言って走って行ってしまいました。
そしてしばらくしてA子ちゃんは引っ越していきました。
最後にA子ちゃんがうちに来てくれたとき
「お姉さんとお父さんと引越しする」「Yちゃんバイバイ」というような会話をしたのを覚えています。A子ちゃんは泣いていました。
私はそれからも時々A子ちゃんと遊んだ日々を思い出したりしましたが、あの「お姉さん」の存在が疑問というか変な感じがして引っかかっていました。
あの怖い女の人は誰だったんだろうと。
あの人が来てからA子ちゃん泣いてばっかだったなぁと。大丈夫かなぁ・・・と。
長文になりましたがここまでが前提。

⇒ 続きを見る
【2013/05/09 19:30】 修羅場 | comment(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。